雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

ベランダ防水の施工方法

ベランダの防水について調べてみました。様々な工事方法があって、今現在の自宅の状況によって施工方法が変わるとのこと。また、希望する施工方法も選択できるが、調べたかぎりでは、以下の通りです。
基本的にはベランダの防水については、FRPといった加工やゴムシート、ウレタンゴムといった方法があるようです。FRPは、床をノックしてみると固い音がします。触れてみて柔らかく弾力があれば、ゴムシート、またはウレタンゴムのようです。
我が家のべランダの防水の状況はFRPという方法で施工してあり、その塗装がはがれしまった為、今回のように調べてみるきっかけとなったのです。 早速、工務店等に見積もりの依頼を行いました。ベランダの防水の費用は、今と同じFRPであれば10万前後、ウレタンゴムであれば15万前後とのことでした。
大切な我が家ですので、その施工でどれくらいの耐久性があるかということで、どっちの方が費用対効果があるのか調べてみました。すると、自宅の加工面積にもよりますが、FRPは5年くらい、ウレタンゴムは10年くらいということが分かりました。しかしメンテナンス状況にもよるとのことで、市場評価だけでは何とも言えませんがベランダの防水についてはウレタンの方が費用対効果はあるようです。

バックナンバー