雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

瓦屋根は定期的に雨漏り点検をしよう

昔ながらの瓦を敷いた屋根はとても丈夫で長持ちします。そして、夏は涼しく冬は暖かいといった特徴があり、日本の気候風土に合ったものです。また、伝統的な日本家屋のみならず、流行りの洋風家屋にもよく使われ普及しています。
しかし、定期的に点検や補修をしないと雨漏りが瓦のすきまから起きてしまうなどのトラブルもあります。台風や地震などが原因でズレがおきたり、飛んできた物によって瓦が破損していまうなど、雨漏りが瓦屋根から生じる場合があります。また、コーキングの不良によって雨漏りが瓦屋根から起こる場合もあります。経年劣化と言い、瓦の老朽化による不具合や、他にも屋根の下地の部分が傷んでしまうこともあるので点検が必要です。
天井からのしみや、床に滴り落ちる水を見て、雨漏りが瓦屋根からすることに気づいた時にはすでに手遅れで、見えない部分での腐食などが進み、全面的に葺き替えなければいけなくなってしまうこともあります。
雨漏りが瓦屋根からするといった不具合を起こさないために、最低2~3年に一度、点検や修理を行うことで、未然に防ぐ努力を怠らないでください。そうすることで、100年以上ももつとも言われる日本瓦のメリットを生かし、健やかで快適な生活を送ることが出来るでしょう。

バックナンバー