雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

雨漏り調査の様々な方法

突然部屋の中に雨漏りがした時、一刻も早く雨漏りを止めたいと思っても、素人が雨漏り調査をしてもなかなか、雨漏り個所や原因を特定できないことのほうが多いです。 雨漏り調査を業者に依頼するといろいろな方法を行っています。たとえば木造りや鉄骨造りの建築物であればシート養生や散水、注水による雨漏り調査がある。いずれも疑わしいと思われる部分にシートを覆って判別したり、実際に水を流して判定する方法だが、かなりの時間がかかったり高度な技術が必要であったり、適用できる場所も限定されてきてしまいます。 また、Reinforced-Concrete造り(鉄筋コンクリート造り、または略してRC造り)にはシート養生や散水、注水といった雨漏り調査は適しておらず、赤外線法やガス圧入法がおこなわれます。 赤外線法は漏水によって引き起こされる温度の差を赤外線装置を用いて測定する方法です。浸透水た滞留している水の有無を調べるのには適しているものの、水がどこから侵入するのかを特定するのは難しいです。 ガス圧入法は漏水部分にガス挿入ヘッドを取り付けてガスを送り込み、漏洩するガスを探知する方法です。また、木造、鉄骨造、RC造すべてに有効な雨漏り調査として紫外線投射法もあります。

バックナンバー