雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

雨漏り修理のコーキング剤について

建物の外壁に亀裂が入って隙間が出来たり、ガラスやサッシの淵に使用されているコーキング剤が経年劣化すると雨漏りの起きる原因になります。
こういった問題箇所ですでに雨漏りが起きている時は古くなったコーキング剤を一度取り除いた後に、新たにコーキング剤で埋めて修理をします。これを打ち替えといいます。
経年劣化によりコーキングが痩せて伸縮性を失い、ひび割れて、それが開いてきてしまっている時は、古いコーキング剤の上に新しいものを上塗りする方法をとることもあります。しかし、雨漏り修理に使用するコーキング剤は、どのコーキング剤を使っても同じというものではないです。
雨漏り修理のコーキング剤の種類はシリコーン系や変成シリコーン系、ポリウレタン系、ポリサルファイド系などがあり、湿気硬化タイプのものと主剤と硬化剤を混ぜて硬化するタイプのものなどたくさん存在します。これらの雨漏り修理のコーキング剤にはそれぞれ長所や短所など特徴があるので、用途に合わせて使い分けを行っていくのです。
そして、雨漏りをコーキング剤で防げばそれだけですべてが安心ではないのです。コーキング剤も年々劣化するので、寿命を迎えれば再び雨漏りが発生してしまいます、ときどき点検し、雨漏り対策にコーキングし補修しなければなりません。

バックナンバー