雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

目視以外の雨漏り調査方法とは

建物にとって、漏水は老朽化を進行させる原因になります。雨漏り調査方法にはいろいろな方法が用いられます。目視のみという雨漏り調査方法はお勧めできません。なぜなら、複数の要因が重なって起こる雨漏りなどは珍しくないので、目視のみだと不確実であり、再発の恐れが高くなるからです。
では、目視以外の雨漏り調査方法にはどのような方法が用いられるのでしょうか。たとえば、漏水診断装置を用いた雨漏り調査方法では、臭いのついた空気を漏水していると思われる箇所に送り込み、漏水箇所を探るという方法です。低料金で建物を破壊することなく行うことが出来るのが特徴です。
そのほかにも実際に水をかけて行う雨漏り調査方法があります。これは、雨漏り箇所を見つけることは出来てもその原因を必ずしも特定できなかったり、内部をさらに濡らしてしまったり、たくさんの水を使ったりといったマイナス面もありますが、費用面では安価に調査が出来るのが特徴です。
また、赤外線装置法を利用した調査方法や、発酵剤を使用した調査方法もあり、調査にかかる費用は高くなりますが、原因を突き止めることも高確率ででき、目視ではわかりづらい外壁の浮きや剥離等々発見することが出来ます。

バックナンバー