雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

漏水から守る防水工事業

防水工事業は、コンクリート構造物の建物や室内を漏水から守るために行われます。コンクリートは、その性質上、打設後、建設後の建物の温度の変化などによってクラックが発生します。そこからコンクリートが劣化し、漏水が起こります。
このため、防水工事業が必須となるのです。防水工事業の種類には、シートによる防水、液状の樹脂を使用する塗膜防水工法や、外壁や窓枠にシーリング剤を埋め込むシーリング防水があります。
また、工法による分類では、塗装による塗膜防水、シートを張るシート防水、塗りと張りを合わせたアスファルト防水があります。
自分の住んでいる建物に防水工事が必要な時期かどうかをチェックするには、屋根やベランダ、コンクリート部に欠損、ひび割れ、ゆがみがないか、シーリング部が劣化していないか、屋根や排水溝に雑草が生えていないか、防水シートがめくれていないか、あてはまるものがあれば防水工事業を行う会社に相談をする時期です。
漏水はたんに水が漏るだけではなく、建物の内部構造を腐らせたり、カビやシロアリの発生する原因になります。被害の拡大は費用の拡大につながり、さらには建物の価値を落とすことにもなります。早い時期に、防水工事業者に依頼しましょう。

バックナンバー