雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2013-7-2

瓦屋根の雨漏り原因

瓦は江戸時代に考案され、明治時代以降日本全国に広まりました。瓦は昔から、きちんと手入れをすれば千年はもつといわれるほど丈夫です。しかし、逆に手入れをしないでいると割れたり、崩れたりしてそこから瓦屋根の雨漏りが発生してしまいます!2〜3年に1度は点検をして、瓦屋根を健康に保ちましょう。 瓦屋根の雨漏りの原因には次のようなものがあります。屋根のてっぺんである棟が崩れてしまう棟崩れ、瓦の欠け、瓦の隙間を埋めている漆喰の劣化、割れた瓦、突風などによる瓦のずれ、不適切なコーティングや瓦の老朽化などです。このような場合にはすぐに雨漏り修理の業者に依頼し、瓦屋根の雨漏りの発生を防ぎましょう。 雨漏りかな、と気付いた時にはすでに手遅れで、全面葺き替えをしないといけない場合もあります。さらに、瓦屋根の雨漏りは家、建物の劣化も招きます。早めに対処してください。 今は瓦屋根の雨漏りはしていないけれど、そろそろ心配だ、という方も修理のプロの方に相談するのがよいでしょう。和瓦の特徴として、その長所は、丈夫で長持ちなところや日本の風土に適している、というところです。 一方で短所は、重いことや価格が高いこと、ほかの屋根材に比べて工事に時間がかかること、などが挙げられます。

バックナンバー