雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-1-21

雨漏り調査の順番

雨漏りの相談を頂いたら、まずはどこが被害にあっているのか、 原因は何なのかということを特定するために雨漏り調査を行ないます。 雨漏り調査の種類と順番に関しては、以下のとおりです。 まず、目視です。お客様の情報を元に人が実際に目で調査・確認する作業です。 その後、散水調査をする場所を決めます。 散水調査とは文字通り水をまき、水が漏れる状態を確認する作業です。 その他必要に応じてファイバースコープ調査、赤外線サーモグラフィ調査 などを行ないます。 どの段階でどの調査を行うかは建物の構造や状況により変わってきます。 雨漏りは放っておくと被害が拡大してしまうので、早めの対処が必要です。

バックナンバー