雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-7-10

10年保証がついていても雨漏りの可能性はあります

近年は異常気象が増えています。ゲリラ豪雨があったり、突然雹が降ってきたり、竜巻や突風による被害も多く報告されるようになってきました。これら天候によって一番影響を受ける部分、それが「屋根」です。 新築の住宅の場合、施工業者には雨漏りに対して10年間の瑕疵担保責任が義務付けられていたり、屋根メーカーや防水メーカーも10年保証と謳って商品を販売しているので、屋根を新設したり、葺き替え修繕してから10年は安心できるかもしれません。しかしこれは通常の天候を想定した場合です。豪雨や突風などによる影響までは考慮されていませんので、10年以内或いは屋根を葺いた直後でも雨漏りすることは往々にしてあるのです。いつ起こるかもしれない災害ばかりはどうしようも出来ません。従って、屋根の状態を日頃から注意して見ること、不具合があれば修繕すること、これら私たちが出来うる最大限の対処を行うことが重要です。ただし屋根というのは上ることをあまり想定していないので、点検出来るようなタラップ等がないのが一般的です。無理に上ろうとすれば滑落する危険もあります。ですから、屋根の点検・修繕は修理業者に依頼するようにしましょう。雨漏り修理のプロの目なら、一見見落としがちな不具合も見つけてくれるはずです。本サイトから雨漏り修理の業者をお探し頂けます。

バックナンバー