雨漏り修理のことなら雨漏り修理なびにお任せ下さい!

  • 年間受付件数
  • 雨漏り修理なび
  • 雨漏り修理なび
  • 20万件以上
※弊社運営サイト全体の年間受付件数
フリーダイヤル 0120-949-343

スタッフ待機中

24時間365日、雨漏り修理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-343

お客様に最適な業者をご紹介 今すぐ無料相談

2015-7-17

コーキング材の劣化も雨漏りの原因の一つです

住宅のトラブルの中でも「雨漏り」の被害は最も多いものの一つです。従来の住宅であれば意外と隙間が多く、そこから雨風が侵入するということはよくありましたが、最近の住宅は断熱性、気密性が高く隙間もないような造りになっています。それでも雨漏りするのは何故なのでしょうか。基本的に部材と部材の間には隙間を埋めるためにコーキング材(又はシーリング材)と呼ばれるものを充填しています。ご自宅のお風呂を見てみるとよくわかるかもしれません。浴槽と壁が接するところに白いゴムのようなラインがあると思いますが、これがコーキング材です。どうしても出来てしまう隙間はこうして埋めることになります。このコーキング材は、壁材と屋根材とが交わる部分には水切り周りに、屋根材と屋根材の切り返しや棟金物周りの水切り周りにも施されていて、これがあることによって水の侵入を防いでいます。一般に屋根や壁の耐用年数は10年~20年とも言われますがこれは材料のこと。コーキング材はその柔らかい素材上それほどの耐用年数はありません。最近では豪雨や突風などの異常的な天気が続いたりしていますので、コーキング材に掛かる負担も大きく、意外と早く劣化して切れたり穴が開いたりしてしまうのです。ですから高性能になったはずの現代の住宅でも、この劣化だけは防げないのです。ですので、雨漏りを防ぐには定期的にこのコーキング材の様子を点検することが非常に有効です。もし劣化が見られたら雨漏りする前にすぐに修理するようにしましょう。

バックナンバー